グループウェアにおいてメール送信時のセキュリティ

PAGETITLE
メールの送信で青ざめた経験はないでしょうか。よくあるのは、送信すべきでない人が送信先に入っているということです。プライベートでは良くあるかもしれません。相手のほうが気づいてくれて、間違った送ってきてますと伝えられることがあります。知られて困るようなことでなければよいですが、あせってしまうことになります。会社においてもそういうことはあるものです。送信先を知らせてはいけないのに知らせて送信してしまうことがあります。

一度間違いをすると、慎重になってしまいます。メールの内容において、問題がないか、送信先が問題がないかをチェックすることは大事ですが、コミュニケーションツールであまり時間をかけるのも問題ということです。企業においては、大きく社内メールと社外メールと言うことになると思います。社内メールに関しては、企業内の情報交換を行うことになります。この中においては、社外に流出すると問題のある内容が含まれていることがあります。

グループウェアにおいて、情報を共有するときにおいては、メールを利用することになりますが、機密情報に関して容易に送信できるのは問題です。セキュリティが強化されたシステムにおいては、そのあたりの対応がされています。まず、機密と付されているメールに関しては、社外には送ることができないようになっています。送信先に指定できなかったりします。さらに、転送に関しても機密に関する情報は付されたままなので、それを社外に送られることはないということです。

おすすめリンク