グループウェア上で内部の問題のセキュリティ対策

PAGETITLE
企業内で何かの問題が生じたと言うとき、まず疑うのは、外部からの進入があったのではないかということです。企業としては、従業員に関しては、信頼を持った関係を築いています。ですから、いきなり疑うと言うことはないということです。でもいろいろ調べていくうち、外部から、進入することができないようになっていると言うことがわかったとします。となるとどうなるかです。外部から出なければ、内部において起きたのではないかと考える必要があります。

企業内部において、問題が発生すると言うことは、決して少ないことではないということです。企業としても、それを前提に対策をする必要があります。自分の会社に限ってありえないと言うことで何も対策していないと、起こってしまうかもしれません。対策をしていれば、もし起こりそうなことになったとしても、事前に起こさないような行動をとるかもしれません。対策をしていることを、社内の中で伝えておくと言うことも必要になってきます。

グループウェアの環境の中において、企業内部において、万が一問題が生じたときのセキュリティ対策としては、その問題が生じた発生源を特定する仕組みを作っておくということです。サーバのデータが不正に抜き取られていると言う場合、何らかの形でアクセスが行われていると言うことになります。そのアクセス記録があれば、特定をすることができることになります。ログを細かく残す仕組みを作っておくことになります。

おすすめリンク